サロ様&ロスフィル来日公演

mixiコミュコメント転載です。
感動を言葉に表現する事が出来ないのですが・・・・

1日目

ファリャ:恋は魔術師から
ラヴェル:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」全曲
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」全曲

アンコール

シベリウス:悲しきワルツ
ストラヴィンスキー:花火

前半1曲目の恋は魔術師より。
その後のマ・メール&火の鳥の印象がどうしても強いのですが
来日公演1曲目として、オケコントールの巧みさ、リズム感等々
随所に指揮者&オケの魅力が溢れる演奏だったと思います。

2曲目のマ・メール・ロワ。
全曲版を振って下さったのが、うれしかった。
響きとしての美しさは、二日間の中で一番だったのでは?
これ以上美しいハーモニーはないのでは?? 酔いしれました。

後半の火の鳥。
二日間どの曲も名演ばかりなのですが、
もし1曲だけベストをあげるとしたら、火の鳥!
聴きながら、「パーフェクト!!」とうなり続けました。
「パーフェクトな演奏とは?」と問われるかもしれませんが・・・・
楽譜から再現出来るであろう最良のものを聴けたように思います。

火の鳥で完全ノックアウトされた状態で
シベリウス悲しきワルツ。心身ともに癒されました。

アンコール2曲目には、花火。
思いかけず2日目の予習が出来てしまいました。
二日目アンコール2曲目は、「火祭りの踊り?」と予想。



2日目

ストラヴィンスキー:花火
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ
ドビュッシー:海
ラヴェル:ボレロ

アンコール
シベリウス:メリザンドの死
ファリャ:火祭りの踊り

前半1曲目の花火。
1日目のアンコールでも聴けましたが
本プログラムでの演奏は、引き締まりますね。

前半2曲目のペトルーシュカ。
前回来日でN響とも演奏なさって、それも大感激したのですが
ロスフィルとの演奏は、決まるべきところがびしばし決まるし
なんとも切れがいい!!! 大違いでした。

後半1曲目の海
二日目の演奏の中で個人的に1番にあげたいです。
現在聴きうる「海」で、最高のものを聴けた!と言いたいです。
また、曲の素晴らしさを再発見しました。 

後半2曲目のボレロ
響きを重ねて行くのはお手の物! オケを絶妙にコントロールしつつも
それぞれの楽器のソロでは、個々の奏者の持ち味が前面に出ていて
ボレロはこう演奏したらおもしろさ倍増なんだと気付かされました。

アンコール1曲目のメリザンドの死。
おそらく、今日もシベリウスだろうと予想してたら的中。
弱音の美しさをたっぷり堪能。

2曲目の火祭りの踊り。
またまた予想大的中。1日目2日目がアンコール2曲目でループするのですね。
選曲がにくいです!!!!

2日間聴いて思った事。
ロスフィルとのコンビが今シーズンで終わってしまうのは、もったいない!!
完全に自分の音を作り上げてらっしゃるのに・・・・・
[PR]
by salonen | 2008-10-23 13:44 | 音楽

Esa-Pekka Salonen情報


by salonen
プロフィールを見る
画像一覧